被リンクはSEOにとって悪なのか?


被リンク(バックリンク)の役目

SEOにおいて、被リンクとは重要な役割を果たしています。一昔前は、被リンクがSEOにとって最も重要な役割をしていました。被リンクとは、他のサイトからの自分のサイトへリンクが張られている状態のことです。

たくさんリンクが貼られているサイトはGoogleから評価されて、検索順位があがるといった手法です。また、SEOにおける外部施策の一つともよばれています。

であれば、自作自演で自分でいろいろサイトやブログを開設して、リンクを貼れば上位表示できてしまうのです。実際に当時はそれだけで検索順位はあがっていました。

SEO対策においてリンク獲得のためのサイトをサテライトサイトと呼びます。

例えば、「渋谷 居酒屋」で上位表示したいサイトをAとします。サイトBとサイトC・・と複数のサイトには渋谷と居酒屋に関する記事を書きます。その中にサイトAのリンクを下記のように貼ります。
<a href="サイトA">渋谷の居酒屋</a>

サテライトサイト説明場合、B・C・D・Eのサイトはコンテンツの重要性よりも、Aのリンクを貼ることが目的ですので、意味のあるコンテンツである可能性が非常に低いです。

しかし、そんなことをすれば、ウェブサイトの中身よりも被リンクの量を集めればいいだけになってしまい、検索結果に出てきても役に立たないサイトばかりが増える恐れがあります。そこでGoogleは昨今、被リンクの効果の影響は少なくなり、コンテンツを重要視するようになりました。コンテンツに関しては別途説明するとして、被リンクはこのように上位表示のための影響力が少なくなってきます。

サーチコンソールには「サイトへのリンク」といった項目があります。このことから、何らかの影響をウェブサイトに及ぼしているものと考えるべきです。

では被リンクの効果をゼロにしてしまったらどうなるのか?当然、Googleにしかできませんが、以前こんな話をセミナできいたことがあります。
「被リンクの効果を無くすと、検索結果に混乱を招く、そんな実験をGoogleがしたそうです」

これが真意かはわかりませんが、実際に人に教えたくなるようなウェブサイトはブログやTwitterなどでリンクを拡散しますよね。そういった価値のあるサイトの被リンクの効果まで奪ってしまうからです。

被リンクが上位表示のための武器として使うのは弱まっているのは確かですが、上記のことを踏まえ、価値のあるサイトはリンクを自然と集めるものではないでしょうか?

このことから、拡散されやすいコンテンツが上質の定義ともいえます。上位表示のための被リンクとしての効果は弱まりましたが、「ユーザビリティのための被リンク」としては重要ということです。

リンクの購入はペナルティの対象

リンクを販売しているSEO業者はたくさんいます。そういったリンクを購入して順位をあげようとすることをGoogleは嫌います。そもそも被リンクとは自然に発生するものであり、コンテンツの質とは関係なく購入したリンクはペナルティになりますのでご注意ください。

いわゆるペンギンアップデートというアルゴリズムに引っかかる可能性があるということです。なぜ、販売をするのか?自分でサテライトサイトを作るのが大変であったり、上位表示をお金で購入できないかと考えている人がいるからです。購入したリンクなんてばれないじゃないですか?そんな甘くないです。バレる場合もありますし、わざとバレるように逆SEOと言って、対象のサイトをペナルティにさせる手法は残念ながらいまだにあります。そういった意味ではサーチコンソール上の「サイトへのリンク」を確認して、関係のないリンクやスパムっぽいものがないかを知る必要があります。

購入せず、いいウェブサイトなら貼ってもらえるか問い合わせましょう

もし、あなたの作ったサービスに絶対の自信があるのであれば、上位表示目的ではなく、世間にアピールするといった意味で、載せてもらいたいサイトに問い合わせるのもいいでしょう。