常時SSL

SSLがSEOに有利って本当なのか?

SSLとはインターネット上の通信情報を暗号化し、第三者の不正な情報取得のためのセキュリティ技術です。

以下アドレスバーを確認すればすぐにわかります。例はこのサイトなのですが、一番左に鍵マークがあります。URLがhttpsとなっているのがSSL対応されたURLということです。

SSL表示

SSLはSEOに当然有利です。

一昔前は、SSLは読み込みが遅くなるなんて話も聞いたことありますが、気づかないレベルです。

検索エンジンはユーザビリティを重視しており、当然セキュリティの高いSSLがSEOに有利なのは言うまでもありません。

Googleウェブマスター向け公式ブログを確認

Googleのブログです。ここはSEO施策をする上で重要な記事が書かれていますので一通り読むことをおすすめします。
SSLについて書かれたブログを抜粋しました。

「HTTPS をランキング シグナルに使用します」2014年8月7日木曜日

HTTPS をランキング シグナルに使用します
Google ではさらにもう一歩踏み込んで、数か月前の Google I/O では、「HTTPS everywhere」をウェブで提唱しました。 また、ますます多くのウェブマスターが HTTPS(HTTP over TLS / Transport Layer Security)を彼らのサイトに導入するようになってきています。これはとても心強いことです。 こうした理由から、Google では過去数か月にわたり、Google のランキング アルゴリズムでのシグナルとして、暗号化された安全な接続をサイトで使用しているかを考慮に入れたテストを実施してきました。この実験ではよい結果が得られているため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

「HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります」2015年12月18日金曜日

HTTPS をランキング シグナルに使用します
Google は、より多くの HTTPS ページを探すよう、インデックス システムを調整していることをお知らせします。具体的には、HTTP ページに対応する HTTPS ページのクロールを開始します。これは、対応する HTTPS ページがどのページからもリンクされていない場合にも対象となります。

常時SSL化をするに越したことはない!

フォーム(入力エリア)が設置されているページだけhttpsのサイトもありますが、おすすめするのは「全てのページがSSL化されている状態」です。 なぜならSEO対策としてすべてのページが安全に保たれてるに越したことはないからです。
これからサイトを作る場合
常時SSLにしてください。ユーザーがウェブサイトを安全に見ることもSEOです。
既にあるサイトをSSL化する
既にあるサイトをSSL化するのであれば、サイト内に存在しているhttpのリンクを全てhttpsに変更する必要があります。ページ内リンクを相対パスで張る癖をつければ問題ありません。 また、httpでアクセスしたらhttpsに301リダイレクトをすることで、コピーコンテンツの防止などになります。

まずは無料SSLで試してみることもおすすめ

通常SSLは有料です。高いのだと年間10万円するものもありますが、レンタルサーバーによっては無料でSSLが使える場合もあります。 おすすめは、レンタルサーバー Xserver です。 こういった無料のSSLをまずは利用してサイト内のリンクなどを確認し、お金に余裕ができたら、有料のSSLの利用することをおすすめします。