SEOライティング

SEOライティングなんて存在しない

上位表示するためのライティングを研究したり、どうしたら検索結果にひっかかると考えてしまう人は大勢いますが、方向性は読む人のことを考えればいいだけです。
よって「上位表示」のため、検索エンジンのためのライティングなんて存在しないんです。

読む人のことを一番に考えることがライティングで一番重要

ウェブサイトとは伝えること、広めることです。そして調べるのも作るのも検索エンジンではなく人間です。 ライティングを提供するSOHOやサービスを見るのですが、それこそ被リンクを買うのと何が違うのかと思ったりもします。 SEO対策は内部施策はどうしても専門的な部分が少なからずありますが、検索順位のための記事やコンテンツを他人に作ってもらっている時点でペナルティじゃないのか??とも思ったりします。 当然、それが買った記事なのか自分たちで書いた記事なのか?はわからないので、記事作成の仕事が存在するわけです。 その購入した記事を読んで、役立てばそれはそれでいいと思いますが、某オウンドメディアサービスで、医者が書いたものよりも、1文字〇円で医療素人が書いた記事が検索結果で上位表示してしまうなど問題も多くあります。

上位表示するコツよりも、シェアされるコンテンツを書く

  • 人に教えたくなるようなコンテンツを書く
  • 自分の言葉で書くことが大切 オリジナリティ
  • 読んでいて飽きないもの
経験上、上位表示するコツで作ったコンテンツは持続するためにメンテナンスが必要でした。 しかし、読み手のことを考えたコンテンツは数か月・半年放置しても上位化されています。 100記事外注するなら、下手でもいいから親身になって自分の言葉で10記事かくことのほうが大切です 多くの記事をSOHOやクラウドワークスに依頼するというのが主流になってますが、共通して言えるのが一つ一つのページが独立して存在していることです。 言い方を変えるとサイトにある必要のない記事が多いということです。

オリジナリティでなければ存在しなくていい

オリジナルのコンテンツではなく、どこにでもあるようなコンテンツであれば、必要ないです。 検索結果一覧で並んだコンテンツのどれをクリックしても同じコンテンツであれば、一つ見れば十分だからです。
本当の価値とは、唯一無二である。 同じ内容であったとしても、伝え方が変わればそれは違うコンテンツと言ってもいいでしょう。 その理由は、検索者の年齢・性別・趣味・目的によって、伝わるコンテンツが違うからです。

関連するキーワードを想像する

例えば、このページにたどり着く人を想像してみます。 ライティングのコツを調査している人がたどりつくと思います。 そんな検索者を想像していくと、関連するワードは想像できます。 Webライティング、SEO記事の書き方、コンテンツSEO、などではないでしょうか。 こちらのターゲットワードでも関連ワードは紹介していますのでご確認ください。

文字数はどうしたらいいか?

考えなくていいです。丁寧に伝わるように文章を書けばいいだけです。文字数を気にして書く必要なんてありません。丁寧に伝えようと思えば、必然と文字数は2000文字なんてあっという間に越えます。文字を増やせばいい記事になるというわけではありません、短くシンプルが一番というわけでもありません。読み手が求めている内容がきちんと伝わることが一番です。面白おかしく書いて結局伝わりづらい記事は本末転倒です。知りたいことの120%を紹介する必要もありません、丁寧すぎて本当に知りたいことが埋もれてしまい、わかりづらい文章になってしまうかもしれないからです。

伝えるべきコンテンツができた文字数がこたえということです